ただ今注目されている人気のにんにく卵黄サプリとは

たくさんの会社からにんにく卵黄サプリが販売されています。その中でも現在人気のにんにく卵黄サプリや古から長い間にわたり人々から愛され続けているロングランにんにく卵黄サプリなど比較して紹介しています。
にんにく卵黄サプリをいろいろな意味で比較したとしても、結局のところどれが一番かという順位をつけることはできないものだと思っています。
いくつかのおススメのにんにく卵黄サプリを紹介していますが、その中から自分で比較検討して最も良いと思ったものがあなたにとって一番のにんにく卵黄サプリであるはずです。

 

健康家族のにんにく卵黄

  • テレビCMでも知られている1億2千万袋を販売している人気サプリ
  • 14年間売上ナンバーワンを記録したヒット商品
  • 第3者機関から品質・安全性、衛生管理などの面で認められたGMP認定を取得
  • 価格 1,382円(送料無料) 毎月の定期購入は1,243円+2粒増量+送料無料

健康家族の公式ページ

お馴染みの伝統にんにく卵黄はコチラ

 

やわたの熟成にんにく卵黄

  • 普通のニンニクよりも実が大きい青森産の福地六片ホワイトを使ってます
  • その道のプロが30日間かけてじっくりと熟成させた
  • 熟成の過程でアミノ酸が1.28倍、タンニンが5倍までアップ
  • 卵黄には平飼いの有性卵黄
  • この商品には全額返金保証がついています
  • 価格1か月分目安 通常2,160円(別途送料216円) 定期購入なら2,052円+送料216円

黒ニンニク卵黄比較表

毎日の活力と栄養補給に熟成にんにく卵黄

 

にんにく玉ゴールド

  • 手間をかかる伝道製法を今も続けているにんにく卵黄サプリ
  • 今時珍し丸粒状のにんにく卵黄
  • ソフトカプセルと違って丸粒なので1粒に使用するにんにくの量がとっても多い
  • 価格 4,180円 定期購入なら3,770円+送料無料 1か月お試しセット→2,400円

にんにく玉おススメ

[完熟にんにく卵黄おためしセット]購入はこちら

そもそも【にんにく卵黄】ってどんなもの

にんにく卵黄はニンニクと卵黄が主成分となるサプリメントです。
もともとにんにくも卵黄も栄養価が高い食品として人々から重宝されていました。そこでいつのころからかニンニクと卵黄を組み合わせることでお互いの相乗効果でより良い健康食品が出来上がったというわけです。
また、九州南部では江戸時代のころからにんにく卵黄が栄養食品の一つとして用いられていました。

 

今ではにんにく卵黄サプリはテレビコマーシャルで宣伝されている超人気商品から、インターネット通販でバカ売れしているもの、スーパーやドラッグストアーなんかで普通に店頭に並んでいるものなどその種類も多岐にわたりそれらを比較して選ぶのがとっても難しい状況になっていますね。
ニンニクというとあの匂いが苦手だという人も結構多いと思いますが、にんにく卵黄の臭いはどうなんでしょうか?実際に飲んでみるとほとんどニンニクの臭いも気にならなくて苦手な人でも飲めるものが多いですが、中にはにんにくの臭いがあるものあるようです。

黒にんにく効果を比較

ニンニクには本当にたくさんの効果効能があるようです。
ただし、にんにくは医薬品ではありませんから医学的に効果や効能が認められているわけではありません。でも古くから世界中でニンニクが健康に良い食べ物として重宝されていることは知られている事実です。私たち日本人もにんにくは健康によりものだという認識が一般的だと思います。
ニンニクの成分の一つにアリシンがあるのですが、このアリシンは解毒作用や抗菌殺菌の作用もあるのです。具体的にわかりやすくお話すればウイルスやコレラ菌、サルモネラ菌、チフス菌といったものまで殺菌する働きがあるそうです。またはっきりしたことはわかっていませんが胃がんの原因であるピロリ菌の除菌効果もあるのではと考えれるようになってきました。

 

またアリシンのもう一つの重要な働きとしてビタミンB1の吸収率を高めることがあります。ビタミンB1は人間の体のエネルギー代謝に必要な栄養素なのですが実際はとても吸収率が低い物質なのです。たくさんのビタミンB1を取ったとしてもほとんどは吸収されずに排出されてしまうのですが、アリシンと結び合うことで吸収率が格段に良くなるのです。それだけでなくビタミンを体内に蓄える作用もあるのです。この働きを利用した栄養サプリメントも市販されていますよね。

 

卵黄はニンニク同様に栄養価の高い食品として認知されています。他の食品とどのくらい優れているのかは比較できませんが、カルシウムや鉄といったミネラルにとどまらず、ビタミンAやDなどといったビタミンがドッサリ含有されています。
卵黄に含まれているレシチンは、とても注目されている成分でその優れた乳化作用で健康食品やサプリメントの成分として利用されています。
レシチンは水と油を混ぜ合わせることが可能になる乳化作用があり、人の体の細胞内にある水溶性物質と脂溶性物質を混ぜ合わせる働きがあり、それにより栄養素を体内へ吸収したり、老廃物質を体外へ排出したりすることができます。レシチンには卵黄レシチンのほかにも大豆レシチンがありこの二つはどちらも同じ働きをするのですが、卵黄レシチンと大豆レシチンを比較すると大豆レシチンは卵黄レシチンと比較して血液の中にとどまりやすいという特長があるので、動脈硬化を防ぐ効果があるのではと考えられています。一方で卵黄レシチンは大豆レシチンと比較したなら神経系に働きかける成分が強いので記憶や学習のような脳機能に良い影響を与える効果があると言われています。

 

ただここで注意していただきたいのは、にんにく卵黄はあくまでもサプリメント、健康食品という位置づけですから病気を治療したり、これを飲めば絶対的な効果を得られることを保証されているものではありませんのであくまでも健康や体調管理のサポートとして利用することが前提になるかと思います。

 

自分にマッチするにんにく卵黄サプリを選び方

タイプ別違いを比較

にんにく卵黄サプリには形状から「ソフトカプセル」「ハードカプセル」「丸粒」「粉末」のタイプが出回っています。
ではそれぞれの特長について解説していきます。

カプセルの比較

 

ソフトカプセル

柔らかめのカプセルににんにく卵黄の成分を閉じ込めています。牛由来のゼラチンから生成される動物性カプセルやトウモロコシや海藻由来の成分から作られている植物性カプセルがあって、動物性カプセルだと独特の匂いがありますが植物性カプセルは臭いも味もなく飲みやすいです。今では一般的に使われるようになっています。
錠剤やハードカプセルの薬が飲めない人はこちらがおススメです。カプセルに臭いや味を閉じ込めてしまっているので無味無臭だから飲みやすいです。じわじわとゆっくりと体内で溶けていくのでにんにく臭も気になりません。

 

ハードカプセル

病院から出されるカプセルと同じタイプのものです。ソフトカプセルよりも胃の中で溶けるスピードが速いので体内への吸収もスピーディーだと言われています。

 

丸薬

古くから受け継がれている製法で作り上げられたにんにく卵黄のタイプです。にんにく卵黄の成分そのものを丸く小さく固めたものなのです。身体に悪い物質など使わず、ににんにく卵黄のみ使われているので、純粋なにんにく卵黄の本家ともいうべき一品だと言えるものなので、これが良いという言う人もいるほどです。

 

粉末顆粒

にんにく卵黄の原料を粉末状にしたものです。実は九州地方で古くから受け継がれているにんにく卵黄というのは粉末状のものだったのです。丸薬と同様ににんにく卵黄の原料をそのまま粉末にしているので純度が高い状態で取り入れることができます。ただ、そのまま飲むというよりは、料理や飲み物などとブレンドしていただくというのが特長です。
ただしにんにくの匂いは他のタイプのものよりも強く出ています。

 

ここでは4つの形状のにんにく卵黄を比較してみましたが、自分に合うのはどれでしょうか?

 

にんにく卵黄以外の栄養素をプラスしたサプリいろいろ

熟成した黒にんにくを使ったり、にんにく卵黄に鉄分や黒酢もろみ、オルニチンというような素材や栄養素をプラスしている商品も出回っています。
例えば、「やずや雪待にんにく卵黄プレミアム」というサプリメントには、鉄分を加えることで普段の生活でどうしても不足しがちになる鉄分を補給して健康習慣のサポートをしてくれます。
自分自身の目的に合わせて比較検討しながら選ぶのがおススメだと思います。